家庭でできる難聴療育
難聴赤ちゃんの子育て
言葉育ては家庭にあり

人工内耳装用1週間目

※補聴器を装用しても音の反応が全くなかった息子。2012年3月に人工内耳手術をしました。
お耳の成長記録』として、人工内耳を装用してからの息子の様子、聴こえの変化、ことばの表出記録などを、当時のメモをもとに過去を振り返って綴っています。
まとめはこちら>>>『お耳の成長記録

 

人工内耳装用1週間目

反応なし


音入れの日の翌日。

音が聞こえているなら何か反応があると期待していたのですが、うちの中では音に対して何も反応がありませんでした。

音の違いや音源の聞き分けどころか、音の存在にも気づいていないように見えました。手術前と変わらない様子です。

 

STの先生からは、「声かけは静かな部屋でしてくださいね。しばらくは聞き貯める状態が続きます」と聞いていましたが、

反応までないとは聞いていませんでした。

マップも弱めの設定になっているため、今思えば反応がないのも無理はないのですが、期待が大きかっただけに。

まあ、めげずに!

 

3日目の変化


そんなとき、音入れから3日目にあたる日にある出来事がありました。

いつもパパが帰宅すると誰よりも早くカギの音を聞きつけて、愛犬がワンワン吠え始めるのです。

うちでは毎日のことなんです。

 

でもその日、愛犬が吠え始めると同時に、息子が急に愛犬の方を見て泣きはじめ、私に抱っこしてと寄ってきました。

え、もしかして、ワンワンが聞こえた?

 

補聴器のときにはそんな反応はありませんでした。

もちろん息子は愛犬の姿は見慣れているし、怖がっているどころか大好きで恐れていません。愛犬が吠える姿を見て泣いたとは思えませんでした。

わが家の生活音の中で愛犬の鳴き声が一番大きな音のはずです。

そうだとしたら、音の大きさで気づいたとしても不思議でないのかな?

 

そして、次の日も愛犬が吠え始めたら、息子は泣きそうな表情を浮かべていました。

愛犬の鳴き声が聞こえたんだ!と思った瞬間でした。

 

しかし、あれれ、、、

5日目、愛犬が吠えても反応なし。

う~ん、どういうこと?

判断つきませんでした。しばらく、こんなことの繰り返しでした。

 

人工内耳を装用して1週間目の気づき


  • 3日目と4日目、愛犬の鳴き声と同時に泣き出したが、5日目は無反応
  • 5日目、何かに驚いて急に泣くことが3回あった
  • 術後からずっと人工内耳埋め込み側の耳(右)を下にして寝ることがなかったのに、5日目から右耳を下にしても寝るようにもなった。違和感がなくなったのか
  • 朝起きて、パパが誤って設定4(一番感度の強いプログラム)でサウンドプロセッサをつけたら泣き出した。必ず、設定1から始めるようにすること!
  • 携帯の呼び出し音に振り向いた感じがする。気のせいかも
  • 日々の声かけ話しかけをベースにしつつ、機嫌のいい時間には簡単なトレーニングをはじめました