家庭でできる難聴療育
難聴赤ちゃんの子育て
言葉育ては家庭にあり
家庭療育

【家庭療育】おすすめ絵本(0~2歳)

絵本の読み聞かせは、お母さんからの一方通行ではなく、お母さんと子どもの双方向のコミュニケーションだと思います。絵本の中の登場人物になりきって、お子さんと一緒にワクワクドキドキしたり、笑ったり、気持ちを共有できるといいですね。

療育を始めたばかりでどんな声かけをしていいのかも分からなかった頃、絵本に出てきたことばを普段の生活に使うことから始めました。絵本と生活体験のサンドイッチです。続けているうちに、声かけが自然に出てくるようになりました。私にとって絵本は声かけの教本のようなものでもあります。

0~2歳によく読まれている絵本


「だるまさんが」
「いないいないばあ」
「じゃあじゃあびりびり」
「くっついた」
「ぴよーん」
「がたんごとんがたんごとん」
「おつきさまこんばんは」
「いやだいやだ」
「ねないこだれだ」
「もこ もこもこ」
「くだもの」
「きんぎょがにげた」
「はらぺこあおむし」
「うずらちゃんのかくれんぼ」
「せんろはつづく」
「コロちゃんはどこ?」

 

わが家がよく読んだ絵本


①「わんわんなくのはだあれ」

つぎはだれがないているのかな?動物に興味が出てきたころ好きだった絵本です。出てくる動物をあてっこしながら読みました。

わんわんなくのはだあれ

②「かおかおどんなかお」

たのしいかお、わらったかお、ないたかお…。顔から感情が表れますね。わらったかおはどんなときにする?と聞いてみたり、息子と顔真似したりして遊びました。

かお かお どんなかお

③「どんどこももんちゃん」ももんちゃんあそぼうシリーズ

「ももんちゃんが、どんどこどんどこ…」ページをめくりながら、ももんちゃんいそいでどこに行くのかな?と何度も何度も話したな(笑)シンプルな繰り返しが楽しい時期でした。最後がまたかわいいですね。シリーズすべて楽しみました。

はじめましてのももんちゃん 3冊セット(全3巻)

④「しろくまちゃんのほっとけーき」

表面が「ぷつぷつ」、ひっくり返すタイミング。おやつにホット―ケーキをいっしょにつくったものです。定番の中でも外せない絵本。

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

⑤「くらいくらい」

くらくて見えないよ~誰がいるのかな?電気をつけてちょうだいな。これを読むとスイッチ遊びがはじまりますね。

くらい くらい (福音館あかちゃんの絵本―おでかけばいばいのほん3)

⑥「いろいろおせわになりました」

子育てサークルでおしえてもらったわらべうたの絵本でした。「いろいろおせわになりました」と歌いながら、息子がぺこりとしていたのがかわいかったです。

いろいろ おせわに なりました―わらべうた「おちゃをのみにきてください」より (幼児絵本シリーズ)

⑦「ねずみくんのチョッキ」

ねずみくんのチョッキ、どうなっちゃうの!?小さい、大きい、長い、短い、細い、太い…いろんな概念の言葉をかけてあげられました。

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの小さな絵本)

 ⑧ノンタン(赤ちゃん版)シリーズ

『ノンタン にんにんにこにこ』『ノンタン もぐもぐもぐ』『ノンタン おしっこしーしー』『ノンタン あそびましょ』『ノンタン いないいなーい』『ノンタン じどうしゃぶっぶー』『ノンタン おはよう』『ノンタン はみがきはーみー』『ノンタン はっくしょん!』。オノマトペがいっぱい!はーみーってなに!?声かけなんて母の創作でいいんだと思えた絵本でした。

赤ちゃん版ノンタンセット(全9巻)

 ⑨「わたしのワンピース」

ワンピースといえば、女の子には当たり前の服ですが、着るものにもいろいろあるんだよ、男女で同じ服もあるけれど違う服もあるんだよ、と息子に教えたくて読みはじめた絵本でした。わが家にはミシンがないので、ミシンとは…というところから(笑)不純な動機でしたが、お話はすてきで大好きになりました。

わたしのワンピース

 ⑩「かいじゅうたちのいるところ」

2歳半くらいの頃。絵本の読み聞かせで息子がはじめて泣いた絵本が「かいじゅうたちのいるところ」でした。泣かせる話ではありませんが、主人公がおうちにもどってくるところで「おうちもどってきた。よかった…」と涙をふいていました。感情移入したのかな。私にとっても思い出の深い一冊です。

かいじゅうたちのいるところ

 

 

ABOUT ME
nanchou-akachan
難聴児の母親です。