家庭でできる難聴療育
難聴赤ちゃんの子育て
言葉育ては家庭にあり

人工内耳装用4週間目

テレビから得られるものは何もない


人工内耳装用3週間目からの続きです。

息子の昼寝タイムは私のフリータイムでした。撮りためたテレビ番組を見たり、ネットしたりと、楽しみの一つだったのですが、

そうすると、自動的に私が夕食の用意をしている間、息子はテレビの前に放置状態になります。

集中してテレビを見ているし、時にはテレビの中の人を真似て体を動かしているから、こういう時間があってもいいかなと思っていました。

しかし、STの先生からから、

「この時期(人工内耳を装用してしばらく)は、テレビから得られるものは何もない」

(けっこう辛口。。。)

と言われて、私も反省しました。

 

確かに思い当たることがありました。

グーチョキパーの手遊び歌に対して、テレビの中のお姉さんに合わせてグーチョキパーを一緒にしていたので、これ好きなんだぁと思い、私も歌ってあげたのですが、いまいち反応が悪いんです。

STの先生が言うように、これって映像だけをみて動きだけを真似ているからですよね。グーチョキパーを聴き取っていると思えませんでした。

もっとしっかり音声を聞くことができるまで、テレビの時間は最小限にした方がよさそうだと感じました。

そんな理由から、息子の昼寝の間は家事を優先にすることにしました。でもこれで、息子と夕方も一緒に過ごす時間が作れました。

そして、私の時間は、息子の就寝時間までとっておくことに。

でも、だいたい添い寝のつもりが、一緒に撃沈してしまっていましたね。

 

 

補聴器を装用しても音の反応が全くなかった息子。人工内耳手術をし音入れした日が「お耳の誕生日」となりました。お耳の成長記録として、息子の様子や、私が感じたことを残しています。私の主観も大いに入っています。

人工内耳を装用して4週間目の気づき


  • 抱っこ紐の散歩で踏切の音に気づいた
  • 身振りなし音声だけでアクションがあった言葉

    電車で遊ぼうと言ったら、おもちゃの電車を持ってきた
    実家のかめを見ようと言ったら、かめの入った水槽を見に行った
    バイバイしてと言ったら、手をふった

    たたいてつねって~を歌い出したら、私に手を差し出した
    ごはんだよと言ったら、食卓までやってきた
    抱っこする?と聞いたら、手を伸ばしてきた

  • 生活音(家の中)の反応はあまり進展なし。聞こえていたのか分かりにくかった。
  • 聞こえているように感じたのは、前回と同じトースター、電子レンジ、時計の時報メロディーに加え、ドアのチャイム音、給湯パネルのボタン音、ブーブークッショッン
  • 発語は何もなし。発声も変化なし。
  • マップは変更なし