家庭でできる難聴療育
難聴赤ちゃんの子育て
言葉育ては家庭にあり
インテグレーション

【インテ】インテの準備とその後

もし、インテを考えてみえるなら、いつするのか決めていますか?

インテ後の生活をイメージして準備していますか?

 

漠然と療育先に通い、いつかインテができればいいと願っているだけだと一年単位で響いてきます。

年少なのか、年中なのか、年長なのか、就学に合わせてなのか、就学後なのか。

いつインテしたいのか目標を持って準備することが大切だと思います。

子どもの適応力は素晴らしいですから、準備して臨んだ分は自信になります。

もし、就学前にインテを考えているならば、言葉の面、生活の面での準備が必要です。

言葉の面


  • 年相応に聴いて理解できる
  • 聴覚記憶は3歳で3項目以上

発語は、二語文、三語文しか出なくても、困ったことなどを伝えられるなら構わないと思います。

  • おなかいたい
  • おしっこ
  • うんち
  • トイレ
  • ケガした
  • ころんだ
  • 〇〇、たたいた(たたかれた)

(人工内耳や補聴器自分でつけれない子は)せんせ、つけて

だいたいのことは意外と二語文で通じます。

息子も入園当初はまだ自分で人工内耳を耳にかけることができませんでした。

 

それよりも大切なのは言われたことを理解して行動できるかです。先生からは複文で指示があります。

「トイレに行ってから帽子をかぶって園庭に行きます」

これは3項目の聴覚記憶が必要です。年少さんはこれくらい。

 

4歳、5歳になってくると、

「お着替えしたら、粘土遊びをします。お道具箱から粘土と粘土ベラをご用意して席についてください」

4項目~の聴覚記憶が必要です。

 

インテすると聴く力が伸びるといわれるのは、こうした先生の指示を聞き取って覚えていく作業が当たり前のようにあるからだと思います。

でも入る前に土台は必要です。集団生活で聴こえにくい中で聴きとり、尚且つ理解して行動するのは難聴児にとって大変です。

言われたことを理解できるところまではインテ前にできるようにしておくとよいと思います。特に身の回りの言葉は必須です。

 

そして、

聴覚記憶を意識して、指示は3つ覚えておけるようになっているといいですね。

聴覚記憶についてはこちらをどうぞ>>>聴覚記憶のトレーニング

 

健聴児さんも発達は一様ではありません。

言葉の遅い子もいれば、生活面で手がかかる子もまだまだいます。

でも言われたことは意外としっかり理解していたりするものですよ。そういう場面にたくさん出くわしました。

発語が健聴のあの子と同じくらいだから大丈夫と安心しないで。お子さんが今どれだけ話を理解しているか見極めることが大切だと思います。

また、コミュニケーションの言葉として

  • 貸して
  • (仲間に)入れて
  • ありがとう
  • ごめん
  • ちょうだい
  • どうぞ

などが自然に言えるといいですね。

生活の面


生活面の自立としては、

1人で食べること
服を着ること脱ぐこと
ボタンをとめること
トイレに行くこと
手を洗うこと
片付けること
並ぶこと
お友達と手をつなぐこと
通園カバンを背負うこと
水筒を首から下げること

などできるといいですね。

しかし、年少さんだと介助が必要なことがいくつかあっても構わないと思います。

特に難聴児だからというものはないですが、できる限り、身の回りの用意は自分でできるように促していくことが大切です。

私はついつい世話を焼いてしまい、また息子が自分でしたいという気持ちがあまりなく、入園前に生活面を見直しました。

ボタンつきのパジャマにしたり、おでかけにはリュックを持たせるようにしたり、靴の左右が分かるように印をつけたり、ハンカチを持たせて手をふく習慣をつけたりしましたが、

靴の左右が印なしで分かるようになったのは、入園してからだいぶ先のことでした(^^;)

 

また、生活面は、「自分でできるけどやりたくない、ママがやって」ということも中にはありますよね。

子どもが甘えているならやってあげていいと思います。園生活では自分できっとできます。

インテ前だからと無理せず、生活面は少しずつできることを増やしていくのがいいのかなと思います。

インテしてから


目標は、まずは「言葉の面」で追いつくことですが、それで満足しないで就学までに貯金を作ることを目指すといいですよ。

ちびっ子のママさんにしたら、とても無理なんて思われるかもしれません。私も最初は余力を作るなんて無理ではないかと思いました。

でも今なら分かりますが、就学前の勉強が始まる前が難聴児の最大のチャンスです。ここが頑張りどきです!

健聴児さんはこれからすごいスピードで情報吸収して成長します。年相応のスタートラインでは勉強についていくのが段々と厳しくなっていきます。

 

現在小2ですが、2学期から授業スピードが速くなりました。九九は、算数1時間の授業で1の段が進みます。9の段まで約9日間、2週間足らずで終わりました。その後は演習。

その進度でも、ほとんどお子さんができているから問題ないのでしょうね。

国語の授業も同じです。下記は漢字の書き取りの宿題の一部です。

①草原の道。
②せん顔をする。
③日米のだいひょう。
④白米を買う。
⑤引力のはたらき。

息子から「お母さん、せん顔ってなに?」て聞かれました(;’∀’)

知らなかったのね・・・

他の文章も見せてもらうと、草原、日米、白米、引力という熟語が並んでいました。日常会話であまり使わない言葉が増えてきています。

 

インテして、子どもがおしゃべりできるようになってくると、園生活も楽しく過ごす様子に安心すると思います。日常生活でもほとんど困ることがなくなってくると思います。

療育ママにとって、子どもの成長は何よりのご褒美ですよね。私も肩の荷が降りた気がしましたよ。

でもここで安心しきらず、就学前の家庭で過ごす時間を上手に使って言語力をサポートしてあげるといいのかなと思います。

 

 

最後に、

インテは目標じゃなくて社会への扉に過ぎません。

そんな社会の扉を通ったばかりの8歳の子の母親が何を偉そうに…と思われるかもしれません。

えぇ、ごもっとも。

もっと大きなお子さんの親御さんの方が経験豊富で適切なアドバイスをお持ちだと思います。

しかし私の場合、息子がそんな頃になれば忘れるのが必至だと思うのです。この前も3歳児のママさんに療育のあれこれを聞かれた際にはいろいろ思い出せませんでした。

記録がないとなかなかその時の切羽詰まった感覚まで思い出せないんですよね。ちゃんと寄り添って話が聞けたかどうか自信がありませんでした。そして、そんな遠い日のことでもないのに諸々記憶が薄くなっている自分にがっかりでした。

息子も大きくなりこれからは誰かのお役に立てればと思っていますが、こんな具合だとあっという間にインテした時のあれこれ苦労したことだって忘れるだろうな。覚えているうちに残しておこうと思ったわけです。

かなり勝手気ままなものです。その辺ご了承ください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

インテの参考にしました

 

ブログ村のランキングに参加しています。読んだよ、とぽちっと押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

ABOUT ME
nanchou-akachan
難聴児の母親です。