家庭でできる難聴療育
難聴赤ちゃんの子育て
言葉育ては家庭にあり
園児(4-6year)

【家庭療育】おすすめ絵本(3~4歳)繰り返しから多読へ

繰り返しから多読へ


息子が人工内耳を装用したばかりで言葉の理解もほとんどなかった頃、私が絵本を読み始めても次々ページをめくったり、最後まで読まないうちに次の本を持ってきたり、なかなか読み聞かせがままなりませんでした。

息子にしたら、絵本より遊びたかったんだと思います。

そこで、毎日同じ時間に読み聞かせの時間をとるようにしました(わが家は寝る前でした)。そうすると、徐々に私の隣で最後まで聞いてくれるようになりました。息子も「この時間は絵本を読んでもらう時間」だと理解したように感じました。

これをきっかけに、毎晩絵本を読む習慣ができました。

最初は同じ絵本を繰り返し読んでほしがりました。特に0~2歳の頃読んでいた絵本は、何度も何度も読みました。

言葉の言い回しや、絵のおもしろさを気に入っていたのだと思います。そのうちに寝る前以外の時間も読んでほしがるようになりました。2時間読み続けたこともありました。

息子が絵本をじっくり聞いてくれるようになってくると、ちょっと私も欲が出てきました。もっといろんな絵本に触れてほしいなと思うようになり、新しい絵本を借りるようにしました。

しかし、息子はいつもの絵本ばかりを読んでほしがりました。

そこで息子が読んでほしがった絵本を読む前に、必ず新しい絵本を1冊読むようにしました。また、新しい絵本は人気シリーズの一冊目や、少しストーリーの展開がある絵本を選びました。

しばらくすると、同じ本のエンドレスの読み聞かせから卒業し、次々と違う絵本を読んでほしがるようになりました。

「新しい絵本=おもしろい」と思うようになったようでした。私の粘り勝ちでした。

この頃になると、息子も少し絵本のストーリー展開を楽しむ余裕が出てきました。言葉の言い回しのおもしろさだけでなく、場面の繰り返しを楽しみ、最後の「落ち」も期待して、話を聞いているようでした。

そんな3~4歳の頃に、わが家がよく読んだ絵本の紹介です。

 

わが家がよく読んだ絵本(シリーズ編①)


人気の絵本は、シリーズになっていることが多いですね。1冊目を気に入ると、2冊目、3冊目と長く楽しめました。また、シリーズからお気に入りの作家さんを見つけて他の作品を読んでみたりしました。

では、3~4歳の息子によく読み聞かせをした絵本の中からまずはシリーズになっている絵本のご紹介です。

①「ぐりとぐら」ぐりとぐらシリーズ

ぐりとぐらは大きなたまごでなにを作るのかな?どっちがぐりで、どっちがぐら?文章の描写から当てっこしたりしました。

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

②「14ひきのあさごはん」14ひきのシリーズ

「おとうさん おかあさん おじいさん おばあさん そして きょうだい10ぴき。ぼくらは みんなで 14ひきかぞく」季節感いっぱいの絵本。大家族のぬくもりを感じます。ろっくんはどこにいるかな?と絵からきょうだいたちを探すのも楽しんでいました。

14ひきのシリーズ 12冊セット(全12巻)

③「ノンタンがんばるもん」ノンタンシリーズ

人工内耳手術前に読みました。注射をがんばるノンタンに重ねていました。

ノンタンがんばるもん (すきすきノンタン2)

④「ノラネコぐんだんパンこうじょう」ノラネコぐんだんシリーズ

ハチャメチャなノラネコたちがなぜか憎めません。落ちまで楽しめるようになった頃、はじめて読んだ本が「ノラネコぐんだんパンこうじょう」でした。

ノラネコぐんだん パンこうじょう (こどもMOEのえほん) (コドモエ[kodomoe]のえほん)

 ⑤「わにわにのおふろ」わにわにのシリーズ

おふろって楽しいね!歌を歌うともっと気持ちいいね!

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)

⑥「11ぴきのねこ」11ぴきのねこシリーズ

私も小さい頃読んだ絵本。大魚を捕まえたねこたち。さてみんなでおなかいっぱい食べることができたのかな(笑)ねこたちの歌もいいですね。

11ぴきのねこ シリーズ6冊セット

 ⑦「パオちゃんのみんなでおかたづけ」パオちゃんシリーズ

子どもの視線から描かれたパオちゃんシリーズです。おかたづけ、おふろ、たんじょうび、うんどうかいなど、息子の生活とリンクさせて読みました。

パオちゃんのみんなでおかたづけ

 ⑧「10ぴきのかえる」10ぴきのかえるシリーズ

いろんなトラブルに10ぴきのかえるたちが仲良く協力する様子が描かれています。10ぴきまで数えて楽しみました。

10ぴきのかえる (PHPこころのえほん 3)

⑨「100かいだてのいえ」100かいだてシリーズ

「これはだれもおうちかな?」「なにをしているところかな?」「100かいのてっぺんには、だれがいるのかな?」10階ごとに同じなかまの生き物が住んでいます。大きな数の数字にも挑戦しました。

100かいだてのいえ

⑩「おばけのバーバパパ」おばけのバーバパパシリーズ

家族が増える前、バーバパパが町のみんなと仲良くなったお話。この本はひとりでもよく見ていました。もちろん、まだ文字は読めません。

おばけのバーバパパ

⑪「おばけのかぞくのいちにち」おばけかぞくのシリーズ

おばけといっても、かわいいおばけ。さくぴーとたろぽう兄弟のお話。そろそろおばけたちが起きるころかな?なんて話していました。「おばけのえんそく」も好きでした。

おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集)

 ⑫「くすのきだんちは10かいだて」くすのきだんちシリーズ

いろんな職業の動物たちがすんでいるくすのきだんち。音楽家や料理人、大工さんがいたり。みんな仲良く暮らしています。くすのきだんちは、どのくらいの大きさの木なんだろうねと一緒に想像したりしました。

くすのきだんちは10かいだて

 

続きます。

 

ABOUT ME
nanchou-akachan
難聴児の母親です。